花鳥風枝

自然の中で野鳥達がせいいっぱい生きてる姿を撮ってみたい。 自己満足的な写真ではあるが・・・・ まだまだ自己満足にも至らない写真ばかりです。 (開設日:2021.02.28)

白雁 その二

2022.11.24 撮影。

連日、ハクガンたちは同じ田圃で採食、休息しています。
対面では同じように撮影、観察している人たちがいるので、思うようには撮影できない。

#01
PB240650
#02
PB240725
#03
PB240879
#04
PB240923
#05
PB241062
#06
PB241117
#07
PB241371 (2)
#08
PB241378 (2)
#09
PB241394 (2)
#10
PB241407
#11
PB241408
#12
PB241482 (2)
#13
PB241519 (2)
#14
PB241953 (2)
#15
PB242035
#16
PB242098
#17
PB242249

田鳧

2022.12.01 撮影。

田圃で10羽程度のタゲリが採食していました。
少し距離があるので、綺麗に撮れていない。
#01
PC010615
#02
PC010702
#03
PC010807
#04
PC010848
#05
PC010892
#06
PC010977
#07
PC010993
#08
PC011160
#09
PC011345
#10
PC011359
#11
PC011432
#12
PC011440
#13
PC011471
#14
PC011494
#15
PC011506
#16
PC011520
#17
PC011534
#18
PC011539
#19
PC011543
#20
PC011566
#21
PC011590
#22
PC011641
#23
PC011691

大菱食

2022.11.22~23 撮影。

宮城県の伊豆沼ではマガンの飛来が圧倒的に多いが、ここ八郎潟ではオオヒシクイの飛来数が多い。
#01
PB220116
#02
PB220147
#03
PB231840
#04
PB231854
#05
PB231883
#06
PB231909
#07
PB231967
#08
PB232047
#09
PB232207
#10
PB232241
#11
PB232322
#12
PB240402
#13
PB240423
#14
PB240783
#15
PB241247
#16
PB241713
#17
PB241733
#18
PB242108


2022.11.30 旅先にて撮影。

魚を捕獲したミサゴが電信柱でとまっていたが、車が下を通ったため、
飛び去ってしまった。
飛んだところはピン甘だね。
#01
PB300012
#02
PB300023
#03
PB300036
#04
PB300040
#05
PB300047
#06
PB300068
#07
PB300111
#08
PB300112
#09
PB300113
#10
PB300115
#11
PB300121

白雁 その一

2022.11.22 撮影。

八郎潟の田圃には多くのハクガンたちが採食や休息をしています。
傍で撮りたいところですが、距離が150~200mあります。
#01
PB220648
#02
PB222005
#03
PB222110

#04
PB222277
#05
PB222307
#06
PB222447
#07
PB222476
#08
PB222503
#09
PB222646
#10
PB222654
#11
PB222710
#12
PB222714
#13
PB222730
#14
PB222246
#15
PB220090 (2)
#16
PB220150 (2)
#17
PB220228 (2)
#18
PB220254 (2)
#19
PB220273 (2)
#20
PB220295 (2)
#21
PB220310 (2)
#22
PB220325 (2)
#23
PB220339 (2)
#24
PB220374 (2)
#25
PB220410 (2)
#26
PB220569 (2)
#27
PB220585 (2)
#28
PB221151 (2)
#29
PB221253 (2)
#30
PB221269 (2)
#31
PB221492 (2)
#32
PB221596 (2)
#33
PB222593 (2)
#34
PB222621
#35
PB222636
#36
PB222651 (2)
#37
PB223052 (2)
#38
PB223059 (2)


四十雀雁

2022.11.24 撮影。

シジュウカラガンはカナダガンの亜種とされていたが、現在は別種。
一時、絶滅寸前までいったが人為的回復によって、個体数は増えている。
今回、群れ単位のシジュウカラガンが見れた。
#01
PB241897
#02
PB241903
#03
PB241915
#04
PB241920
#05
PB242043
#06
PB242444
#07
PB242477
#08
PB242529
#09
PB242538
#10
PB242906
#11
PB242946
#12
PB242978
#13
PB242997
#14
PB243079
#15
PB243101
#16
PB243139
#17
PB243194
#18
PB243206
#19
PB243290

白雁の群れ

2022.11.24 撮影。

田圃で採食していたハクガンたちが何かに驚き、いっせいに飛びました。
他にはシジュウカラガン、マガン、オオヒシクイが混じっています。
#01
PB241293
#02
PB241309
#03
PB241318
#04
PB241326
#05
PB241341
#06
PB241370
#07
PB241396
#08
PB241461
#09
PB241471
#10
PB241489
#11
PB241499
#12
PB241504
#13
PB241517
#14
PB241529

神子秋沙

2022.11.28 撮影。

雄1羽、雌9羽の、ミコアイサが到着しています。
というよりは成鳥2羽、幼鳥8羽かもしれない?
#01
PB280238
#02
PB280249
#03
PB280295
#04
PB280342
#05
PB280370
#06
PB280434
#07
PB280528
#08
PB280544
#09
PB280614
#10
PB280720
#11
PB280751
#12
PB280766
#13
PB280814

一羽の冠鳰

2022.11.28 撮影。

冬羽のカンムリカイツブリが池でずっと滞在中。
#01
PB280835
#02
PB280876 (2)
#03
PB280929
#04
PB280966
#05
PB280981
#06
PB281012
#07
PB281033


嘴広鴨

2022.11.27 撮影。

ハシビロガモが10羽ぐらい飛来していました。
#01
PB270926
#02
PB270933
#03
PB270967
#04
PB271046
#05
PB271086
#06
PB271098
#07
PB271109
#09
PB271201

首環標識

2022.11.22 大潟村で撮影。

ハクガンの群れの中に首環標識をつけた個体がいた。
2021.12に幼鳥の時に付けられたらしい。
人間のエゴのためにこの個体は一生、首にろくなもんを付けていなくてはならない。
「種の保護のため」に渡の通路を調べてるというのがもっともらしい理由だが、調べるだけで何の保護活動もしていないのが、おそらく現状。
環境破壊で野鳥は減る一方。
いかに種が絶滅していくかって調べてるだけかもしれん。
どこぞでバンディングとかよくやっているが、霞網で捕獲され留鳥にまで輪っぱがはまってる個体もいる。
野鳥たちにとっては、えらい迷惑な話。

コウノトリも近くに来ているらしいが、おそらく足環がはまった個体。
そんな人の手が入った、自然ではないものを撮りたくない。

今回の旅で約20000枚、ガンやハクチョウを撮ってきたが、気分的に見るのも編集するのも億劫になってきた。
画像をアップしても真剣に見る人も少ないだろうし、お蔵入りかな。
現地に行けばいくらでも見れる野鳥でもあるので、超レアな野鳥でもないし、
(超レアな野鳥は載せないし、情報発信しない)
気乗りした時に何かを適当にアップすることにしよう。

PB222257

今日の瑠璃

2022.11.26 撮影。

雄の成鳥がこっちをチラチラ。
少し好奇心もあるのかな?
#01
PB260767
#02
PB260779
#03
PB260829
#04
PB260834

雲雀と田雲雀

2022.11.26 撮影。

田圃の傍で車をとめると、
ヒバリやタヒバリが採食にくる。
#01
PB260103
#02
PB260116
#03
PB260240
#04
PB260262
#05
PB260312
#06
PB260338
#07
PB260400
#08
PB260418
#09
PB260429
#10
PB260452
#11
PB260456
#12
PB260504
#13
PB260522
#14
PB260566
#15
PB260581

放浪の旅 4日目

2022.11.25 撮影。

小友沼の白鳥はオオハクチョウ、コハクチョウ、アメリカコハクチョウが
混じっています。
#01
PB250430
#02
PB250487
#03
PB250602
#04
PB250610
#05
PB250690
#06
PB250746

放浪の旅 3日目

2022.11.24 撮影。

今回のお目当てのハクガンとシジュウカラガン。
どちらも絶滅危惧ⅠA類(CR)

#01
PB241503 (2)
#02
PB241897
#03
PB241920
#04

PB242366
#05
PB242946

放浪の旅 2日目

2022.11.23 撮影。

オオヒシクイやマガンの群れの中によく見ていると数羽のシジュウカラガンがいます。
でも距離が200mぐらいありそうです。
小友沼にいるハクチョウ、適当にコハクチョウかと思っていましたが、
オオハクチョウですね。
あちらこちらでノスリがいます。
#01
PB231584
#02
PB232248
#03
PB230925
#04
PB232604

放浪の旅 1日目

2022.11.22 撮影。

小友沼にはオオハクチョウしかいなく、八郎潟の方に移動しました。
田畑にはガン類、マガン、オオヒシクイ、シジュウカラガン、そして100羽以上のハクガンがいます。
旅先からのダイジェスト版です。
#01
DSC_0594
#02
PB220570
#03
DSC_0592

#04
PB222332
#05
PB221655
#06
PB222645
#07
PB221623

二羽の瑠璃鶲

2022.11.20 撮影。

今日は二羽のルリビタキ。
一羽はまだ若い個体かもしれない。
#01
PB200238
#02
PB200194
#03
PB200294
#04
PB200298
#05
PB200350
#06
PB200368
#07
PB200372
#08
PB200380

今日の鶚(失敗画像)

2022.11.18 撮影。

今日のミサゴは目の前で魚の捕獲で飛び込んでくれました。
しかし、一度目はミサゴが捕獲に失敗。(#01~#05)
二度目は見えないところで飛び込み、30m前後の距離で悠々と目の前を通過。
#11は痛恨のショット。
風切り羽がわずかに画面からはみ出ています(失敗画像)。
#12は思い切ってトリミングした画像。
#06はアオサギがいい表情をしているのに、肝心のミサゴが切れています(失敗画像)。
失敗の原因は800mm相当で撮影、もう少し広角側で撮っていれば失敗はなかったかもしれません。
#01
PB180009
#02
PB180011
#03
PB180026
#04
PB180038
#05
PB180044
#06
PB180066
#07
PB180106
#08
PB180115
#09
PB180121
#10
PB180126
#11
PB180130
#12
PB180130 (2)




赤腹

2022.11.16 撮影。

柿を食べに来るアカハラ。
まだ若い雌の個体かもしれない。
#01
PB160568
#02
PB160640

白腹

2022.11.17 撮影。

柿を食べに来るシロハラ。
喉に縦斑があるので雌。
#01
PB170016
#02
PB170120
#03
PB170294
#04
PB170320
#05
PB170341

瑠璃鶲

2022.11.17 撮影。

以前から地鳴きはしていたが、なかなか姿を見せなかったが、
今期初の雄成鳥の撮影。

#01
PB170364
#02
PB170374
#03
PB170381
#04
PB170417
#05
PB170434
#06
PB170446
#07
PB170459

今日の鶚

2022.11.15 撮影。

昼前後になるとミサゴが飛来し、魚を捕獲する。
この池は堤からの風なので、ミサゴもアゲインストの風に向かって飛ぶので、顔が写らない。
堤から撮ると今度は逆光になる。
ある程度、顔を撮れるのは飛び込む場所しだいになる。
#01
PB150049
#02
PB150054
#03
PB150133
#04
PB150156 (2)
#05
PB150201
#06
PB150209

亜種 頬白白鶺鴒

2022.11.14 撮影。

過眼線がないので亜種ホオジロハクセキレイあるいは亜種シベリアハクセキレイ。
胸が黒色で喉が白いので、亜種シベリアハクセキレイと思えるが、
上面が黒色の羽毛が交じっているので冬羽の亜種ホオジロハクセキレイかもしれない。
ややこしねぇ~~~
#01
PB140702
#02
PB140736
#03
PB140741
#04
PB140775
#05
PB140786
#06
PB140803
#07
PB140818
#08
PB140940

箆鷺

2022.11.14 撮影。

大きな溜め池ではヘラサギが滞在しています。
成鳥1羽、幼鳥2羽。
幸運にも近くで採食し始めました。
#01
PB140394
#02
PB140533
#03
PB140669
#04
PB140672
#05
PB141163
#06
PB141271
#07
PB141369
#08
PB141997
#09
PB142123
#10
PB142178
#11
PB142475
#12
PB142481
#13
PB140089
#14
PB140122
#15
PB140181
#16
PB140192
#17
PB140213
#18
PB140218
#19
PB140330
#20
PB140367
#21
PB140377
#22
PB140408
#23
PB140451
#24
PB140453
#25
PB140499 (2)
#26
PB140558 (2)
#27
PB140616 (2)
#28
PB140725 (2)
#29
PB140743 (2)
#30
PB140752 (2)
#31
PB140812 (2)
#32
PB140973 (2)
#33
PB141041
#34
PB141050 (2)
#35
PB141085 (2)
#36
PB141458
#37
PB141485
#38
PB141555
#39
PB141581
#40
PB141621
#41
PB141733
#42
PB142082 (2)
#43
PB142176
#44
PB142348
#45
PB140004
#46
PB140092

田雲雀

2022.11.12 撮影。

セキレイの仲間らしく、せわしなく農耕地を歩きまわり、採食しているタヒバリ。
#01
PB120009
#02
PB120139
#03
PB120269
#04
PB120280
#05
PB120305
#06
PB120311
#07
PB120470
#08
PB120585
#09
PB120844

今日の公園

2022.11.12 撮影。

池にはカワセミやミサゴの姿。
水辺にはベニマシコやクロジ・アオジなど、キビタキもまだいます。
#01
PB120974
#02
PB121048
#03
PB121066
#04
PB121187
#05
PB121235
#06
PB121306
#07
PB121424
#08
PB121562
#09
PB121580
#10
PB121584
#11
PB121716
#12
PB122052
#13
PB122069
#14
PB122101
番外
PB121633

黄鶲

2022.11.09~10 撮影。

同公園内で、よく見ると別個体のキビタキの雌のように見えるが、
そろそろ南へ移動が必要かな。
#01
PB091511
#02
PB091529
#03
PB091620
#04
PB091634
#05
PB091675
#06
PB100001
#07
PB100085
#08
PB100149
#09
PB100160
#10
PB100207
#11
PB100213

今日の翡翠

2022.11.10 撮影。

池では2羽(雄雌)のカワセミが戯れています。
#01
PB100296
#02
PB100314
#03
PB100337
#04
PB100349
#05
PB100436
#06
PB100440
#07
PB100593
#08
PB100744
#09
PB100789
#10
PB100887
#11
PB100899
#12
PB100904
#13
PB101073
#14
PB101344
#15
PB101345
#16
PB101380
#17
PB101401
#18
PB101409
#19
PB101421
#20
PB101647
#21
PB101661
#22
PB101676
#23
PB101693
#24
PB101705
#25
PB101719
#26
PB101734
#27
PB101818
#28
PB101959
#29
PB102065
#30
PB102086
#31
PB102200
#32
PB102202
#33
PB102213
#34
PB102295
#35
PB102305
#36
PB102384
#37
PB100002
#38
PB100004
#39
PB100041

2022.11.09 撮影。

ミサゴが池で魚を捕獲し、木の枝で食べ始めました。
30分ぐらいで尾びれまで食べて完食です。
それから1時間、飛ぶのを待ち、トータル1時間半
長いですね~
#01
PB092213
#02
PB092241
#03
PB092304
#04
PB092311
#05
PB092338
#06
PB092400
#07
PB092417
#08
PB092560
#09
PB090026
#10
PB090109
#11
PB090132
#12
PB090150
#13
PB090247
#14
PB090255
#15
PB090345
#16
PB090430
#17
PB090543
#18
PB091122
#19
PB092588
#20
PB092602
#21
PB092621
#22
PB092640
#23
PB091139
#24
PB091163
#25
PB091296
#26
PB091352
#27
PB091515
#28
PB091592
#29
PB091597
#30
PB091599
#31
PB091605

瑠璃鶲

2022.11.08 撮影。

昨日、この場所で地鳴きを聞いていたが、
昨年は雄の成鳥がいたところだが、今年の個体は雄の成鳥ではない。
雰囲気的には雄若ではあると思うが定かではない。
#01
PB080979
#02
PB081021
#03
PB081047
#04
PB081066
#05
PB081098
#06
PB081114
#07
PB081151
#08
PB081158
#09
PB081207
#10
PB081234
#11
PB081261
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 白雁 その二
  • 白雁 その二
  • 白雁 その二
  • 白雁 その二
  • 白雁 その二
  • 白雁 その二
  • 白雁 その二
  • 白雁 その二
  • 白雁 その二
使用機材
OLYMPUS
OM-D E-M1 MARKⅢ
OM SYSTEM OM-1
M.ZUIKO DIGITAL ED300F4.0 IS PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED150-400F4.5 IS PRO
M.ZUIKO DIGITAL 1.4×Teleconverter MC-14
最新コメント
プロフィール

花鳥風枝

1990年代後半よりデジタルカメラにて風景やポートレートの撮影を始める
2017年1月野鳥撮影開始
2017年7月日本野鳥の会入会

カテゴリー
  • ライブドアブログ